学生コラボ企画 FUTAEDAブランド発掘プロジェクト

悩みを聞きだすプロと出会った話

学生ライター  安藤弥樹 学生ライター 安藤弥樹

「商品販売て押し付けでしょ?」って思ってた。

常々思うことがある。街を出歩けば、美容や食品、服や靴、ゲームに家電……さまざまなショップがあるが、そこで働く人々は、何を考えて商品を売っているのだろうか?私の経験談では、手に取って買おうか悩んでいるとき、「こちら最近大人気で〜」といった形でいきなり商品解説が始まる。こっちの気持ちは無視で、自分のノルマ達成のために押し付けているだけでは?そんな悶々とした気持ちを抱いていた。
しかし、「ショップFUTAEDA」の店員さんはそんな私の気持ちをあっさりと砕いた。

「学生コラボ企画〜FUTAEDAブランドを発掘プロジェクト〜」で、FUTAEDA株式会社が運営するコンセプトショップにお邪魔することになった。三越B1Fにある「ショップFUTAEDA」だ。

茶色とコンクリートの壁を基調としたシックな内装の店内に目を奪われると、「体 肌 そして眠りまで あなたがトトノウ 新しいお店です」という印象的な言葉がお出迎え。落ち着いた空間はまるでホテルのようだった。しかしここはあくまでショップ。中央の棚には所狭しと50種類以上はあるであろう商品が置いてある。

選ばれし商品たち

なんでこんなに商品が?しかもジャンルはバラバラ!お菓子があれば石鹸もあるし、亜麻仁油があればベッドもある。「私がスタッフだったらこんなにたくさん把握できない……」それくらいバラエティに富んだラインナップなのだ。聞くと、FUTAEDAでは、社長だけでなく社員、バイトまで、社内全員で商品を試すらしい。使用してみた効果を報告し、そこで評価がいまいちだったものは店頭に並ばない。全ての商品について説明が可能かつ、推しポイントやなるほどエピソードがあるらしい。

商品小噺、教えてください

それはぜひ聞きたい、と陳列棚にと置かれている「ノニジュース」について尋ねてみた。すごく苦いのでテレビ番組では「罰ゲーム」として飲まされるあのジュースだが、実はこれすごいパワーを秘めているらしい。店員さんは、「花粉や乾燥肌といったアレルギー症状で肌が腫れ上がっていた同僚が、このジュースで劇的に良くなった(あくまで個人的な経験ですが)」と熱く語ってくれた。その話は長年乾燥肌で悩まされている私のハートに見事クリティカルヒットし、気づけばインタビューそっちのけで美肌になるための相談をしてしまった。

人気ナンバーワン「NONI ジュース」

勝手に喋っちゃう

肌エピソードに思わず共感してしまい、気づけば自分の悩みをペラペラ話していた。そう、これこそがFUTAEDAさんの強みだ。徹底的に商品を使い、効果を熟知し、エピソードを紹介することで、お客さんの悩みを自ずと引き出す。手に取っている商品をいきなり解説するのではない。まずは何に悩んでいるかのコミュニケーションを図るのだ。どこまでもお客様ファーストな姿勢が見える。

ブレない姿勢

商品を徹底的に使い、どのような効果があるのか、どのような悩みを解決できるのか、自身の体験したエピソードを折り混ぜ、お客さんの悩みを深く共有し、見事に引き出してくれる。だが不思議なことに、商売らしさのような、いやらしさを感じさせない。それはお客さんのことを一途に想っている気持ちが会話の中で伝わってくるからだ。そのどこまでも誠実な姿勢は、ただただ、かっこよかった。

人の健康だけでなく地球の健康も

学生ライター  屋宜祐李佳 学生ライター 屋宜祐李佳

まず、大事なFUTAEDAの理念。それは、「空気」「水」、「食」にこだわり、世界中の人々に健康と豊かな暮らしを届けること。これはホームページやショップなどいろいろな場面で目にします。でも、この理念を目指す過程で、「地球を汚してはいけない」というのが大事な視点です。人の健康と地球の健康も目指す、そんなこだわりを体現しているショップでした。

ショップに入ると…

ショップに行ってまず目に入ったのは、たくさんの商品の奥に見えるホテルのフロントのようなカウンターとベッドでした。これはFUTAEDAグループのホテル「GREAT MORNING」で使っているもので、倉敷の「TEORI」という会社の竹集成材の家具です。深い色合いと落ち着きのある雰囲気を醸し出していました。実はこの家具がポイントで、TEORIもまた、環境にたくさんの配慮を持って家具を作っているのです。

TEORIとFUTAEDAの共通点

ショップに行ってまず目に入ったのは、たくさんの商品の奥に見えるホテルのフロントのようなカウンターとベッドでした。これはFUTAEDAグループのホテル「GREAT MORNING」で使っているもので、倉敷の「TEORI」という会社の竹集成材の家具です。深い色合いと落ち着きのある雰囲気を醸し出していました。実はこの家具がポイントで、TEORIもまた、環境にたくさんの配慮を持って家具を作っているのです。

竹へのこだわりは商品にも

さらに、ショップにも竹を使った商品がありました。一つはGREAT MORNINGでも採用されているタオル。竹の繊維を使うことでオーガニックコットンだけでは感じることのできないシルクのような贅沢な肌触りを実現し、さらに吸水性と速乾性にも優れていて、常にサラッと柔らかな質感を保ちます。もう一つは持ち手が竹になっている歯ブラシで、色合いに温かみがあり、手によく馴染む商品です。人の肌に優しい上に実用性もあり、そして環境にも優しい。FUTAEDAのビジョンがまさに映し出された商品たちです。

FUTAEDAの将来とは

健康志向、環境配慮の声がさらに高まるこれから時代。この時代の流れをいち早くキャッチして変化してきたFUTAEDAは、これからの変化にもついていけそうな、そんな将来性が感じられました。そして、人の健康、地球の健康に優しい会社は、働く従業員の健康にも優しくて・・・。店員さんのお話を聞いてこんな会社なら安心して、そして納得して、会社の一員として働けると確信しました。

君も体感できる!
FUTAEDA株式会社のヘルシーな働き方

学生ライター  森山翔太 学生ライター 森山翔太

「楽しく健康に働きたい。」

もちろん僕たちはそう思うんだけど、そんなの実際に会社に入ってみないと分からない。

会社説明会ではどの人も「社内の雰囲気は良好です。」って言うし、体験するってなるとインターンに行って実際に働いてみるとか、そんなカロリー高めの方法しかない。

でもその会社の雰囲気を気軽に知れる場所があるとしたら…
僕は学生が企業を取材し、記事化するという「学生コラボ企画〜FUTAEDAブランドを発掘プロジェクト〜」に参加し、ある企業のコンセプトショップへ取材に行くことになった。その企業というのがFUTAEDA株式会社、そしてコンセプトショップがあるのは三越地下1階。 お店の名前は「FUTAEDA福岡三越店」。

ここで僕は、FUTAEDA株式会社のヘルシーな働き方を目にすることになった。

自分の感覚を信じること

店に入ると、ドリンクからタオル、ベッドまで幅広い商品が綺麗に並んでいた。
この商品たち、なんと社長からアルバイトまで会社の全員で選んでいる。らしい。
まずは社長が「お気に入り」候補を実際に使ってみる。
次に社長の家族が使ってみる。
次に社員が、アルバイトが使って感想を社長に伝える。
というように皆で使ってみて、もし誰かが良いと思わなかった商品は店頭に並ばないそうだ。

その風通しの良さもさることながら、健康に良い商品を日常的に使う環境にあると言うことも、きっと心身の健康を押し上げている。

「自分の感覚を信じること」
自分がいいと思ったものしか売らない。こんな我慢のない日常はとても健康的だと思う。

並ぶ商品の数々 タオルの触り心地は最高です。

一人ひとりの健康

スタッフの皆さんは「売りたい、買って欲しい」ではなく、お客様一人ひとりと向き合って抱えている悩みを聞いて、生活習慣から一緒に見直してみる。その上でおすすめできる商品があれば、自信を持っておすすめする。
そんな接客をしている。
なぜその接客スタイルが生まれたのか。その先には、「世界中の人に健康になってもらいたい」という大きな想いがある。

お客様と自分の体は違う、当然おすすめできるものも違ってくる。
その落ち着きのある態度は翻って自分にも返ってきて、変化していく自分を意識すること、自分の健康にもきっと繋がっているんだと思う。

ショップ内にはこんなキャッチコピーが。

ヘルシーな働き方って

仕事をしながら体や環境に良いものを知れるということ。社長との信頼関係や社員同士の関係性、お客様との関係性。
さらには、「自分の感覚を信じること」「我慢しないこと」

FUTAEDA株式会社の働き方には、
「心身ともに健康な状態かつ、我慢のないのびのびとした毎日を過ごすこと」
このヘルシーさがあるように感じた。

僕は「FUTAEDA福岡三越店」のスタッフさんの話を聞いて、「良い職場」の一つの答えがこの会社にあるのだと思った。
会社の雰囲気や環境ってなかなか見えにくいところだけど、この会社なら三越にある「FUTAEDA福岡三越店」へ行けばその雰囲気を感じられる。

ヘルシーに働きたい。そう思っている就活生、行かない手はありません。

その手で共に新たな常識をつくっていきませんか?